Business card

名刺作成で資格を記載するときのコツ

手で持つ名刺

名刺には、自分の名前や住所、電話番号など、さまざまな情報を入れることができますが、その中でも重要な要素のひとつに、資格についての情報があります。これが記載されていれば、自分ができることやスキルなどを相手に伝えることができます。仕事と関係が深い資格があれば、必ず入れておくようにしましょう。
ただし、資格を記載するときは、どこに入れるかを慎重に考えなければなりません。せっかく資格の情報を入れても、目立たなければ意味がなくなってしまいます。名刺作成では、「この情報はここに入れる」といった決まり事はないのですが、なるべく強調するためには、最も効果的な位置を選択する必要があるでしょう。そこでおすすめなのが、「名前の下に入れる」という方法です。自分の名前というのは、名刺の中でも最も目立つ部分であり、ここを見逃す人はまずいません。そこで、その名前の下に、少し大きめの字で資格を入れておくのです。これにより、自分の名前と資格を、相手にしっかりと伝えることができます。
また、記載すべき資格が複数ある場合は、裏面を使うとよいでしょう。複数の資格を表に記載してしまうと、情報が多すぎて見にくい名刺になる恐れがあります。裏面を上手く活用すれば、すっきりまとめることができ、かつ必要な情報を漏れなく記載できます。