Business card

デザインを選ぶだけのオリジナル名刺作成

オリジナルの名刺を作ってみたいけれど、自分にはデザインセンスが無いので無理と諦めていませんか?結局普通の字だけの名刺になってしまうから、オリジナルで名刺を作るなんて意味が無い、そう思っている人もいるのではないでしょうか?
そんな人にオススメしたいのがネットでの名刺作成です。最近多いサービスの一つなんですが、ショップのサイト上にあるソフトを利用してオリジナルの名刺が作れるようになっているものです。これがかなり良く出来ているんです。
どこまで出来るのかはそのソフトにもよりますが、多くのソフトがフォントはもちろん、背後のイラストや、名刺の色などを選ぶだけでオリジナルの名刺が作れるんです。選ぶだけですので非常に簡単です。用意されているイラストなども数は多く、ビジネス用途から趣味にまで使えます。組み合わせ次第ではインパクトの強い物も作れますので、非常にオススメです。
こういったサービスを利用する場合百枚単位での注文になってしまいますが、名刺は大量に使う物ですから特に問題はありませんよね。料金は印刷方法、紙の質により大きく変わります。かなり安くお得に作る事も可能ですが、せっかくオリジナルの名刺を作るのですから多少奮発して変わった紙に印刷してみるのも良いかも知れませんね。

名刺作成における注意点とは?

名刺を作る方法は一つではありません。自分で一からデザインして作成することも可能ですし、業者に依頼して作成してもらうこともできます。けれども、大体の方は自分で作るよりも専門業者に名刺作成を依頼するほうが多いようです。
なぜ多いのかと言えば、実に簡単な理由で、非常に楽だからということが挙げられます。デザインもプロのデザイナーに依頼することになりますから、自分で考えるよりも圧倒的にクオリティが高いですし、なにより制作スピードが段違いに速いのです。クオリティと速さを両立しているからこそ、選ばれていると言っても良いでしょう。
このように、業者に依頼する方法は非常に信頼性が高いですが、依頼したからと言ってすべて丸投げして良いものではありません。名刺作成にはある注意点はあり、そこを押さえておかなければ満足の行く名刺は作成できないかもしれません。
では、その注意点とは一体何なのでしょうか。それは、内容の優先度についてです。名刺には様々な情報が書き込まれます。例えば、住所や名前、電話番号などですが、これらの内どれを優先して書き込むかを業者側に伝えなければなりません。名前を優先させたい、会社名を強調したいなど、それぞれ求めることはあるでしょうけれども、こういった内容の優先度をしっかりと伝えておかなければ必ず後から不満が出てきます。忙しい中でもこういったことはしっかりと伝えておくことが大切です。

名刺作成で余白が重要な理由

名刺を作成するときの外せないポイントとして、「余白を入れる」というものがあります。余白は、名刺のデザインではかなり重要なものであり、これが上手く確保できているかどうかで、読みやすさを大きく左右します。
例えば、余白がほとんどなく、ページの端までぎっしりと文字が詰まった本を想像してみてください。そのような本に、果たして読みやすさを感じるでしょうか。それでは、まず読む気が起こらないでしょう。これは、名刺の余白でも同様です。適度な余白があるからこそ、読みやすさが生まれ、相手に情報を伝えることができるのです。
しかし、デザインをするときは、できるだけ多くの情報を入れようとした結果、余白が極端に少なくなってしまうことがあります。文字を詰め込みすぎた名刺の中では、名前などの重要な部分が埋もれてしまうこともあるので、これには十分注意しなければなりません。むやみに詰め込むのではなく、まずは、必要な情報を厳選することから始めましょう。
また、読みやすくするには、裏面を上手く使うことも大切です。表だけでデザインを考えていると、どうしても密度が高くなることが多いですが、裏を有効に使えば、余白を確保することは難しくないはずです。使用可能なスペースは無駄なく活用して、すっきりと読みやすい名刺を作りましょう。